当店のこだわりポイントは5つです。

(1 新鮮な生肉を50%以上
(2 低温・低圧の独自製法
(3 無添加のこだわり
(4 油脂バランスの最適化 
(5 全年齢のフード

(1 新鮮な生肉を50%以上

 人も食べることができる厳しい食肉検査をパスした原材料のみを使用しています。人間よりも腸の短い犬にとって、良質なたんぱく質を豊富に摂れるよう、メインのお肉は、牛・鶏・馬・豚・魚肉」と多種をバランスよく摂れ、新鮮な生肉を50% 練り込んでいます。
 また、長年の研究で開発した、腐敗を防ぎ動物性たんぱく質を変性させないまま、
抗菌剤無添加のもと製造することのできる技術を採用しています。
 1-tasteは、
厳選した食材をバランスよく配合 した総合栄養食品です。



(2 低温・低圧の独自製法

 犬にとって生肉と加熱した肉とでは栄養価が全く異なります。ドライフード製造において、生肉のタンパク質を凝固させずに乾燥させることで、生肉と同じ栄養を摂ることができますが、これには製造上とても難しい課題があります。
 「低温で乾かす」ことは、製造中に生肉の腐敗を引き起こす原因となります。
そこで、1-tasteは、腐敗を防ぎタンパク質を変性させないまま、抗菌剤無添加のもと製造することのできる、
独自製法 を長年の研究で開発しました。
 生肉が一度も高温加熱されることなく乾燥され、
たんぱく質が変性されず犬の胃まで届く ドライフードです。




(3 無添加のこだわり

 愛犬の身体には負担になるような、酸化防止剤・抗酸化剤、抗菌剤、製造助剤、着色料、香料、防腐剤・合成保存料・着色料・エトキシキン・BHA・BHT等の 合成保存料・増粘剤は一切使用していません。
 
また、ビタミンも添加物として入れるのではなく、食材から摂取できるよう設計しています。
新鮮な食材を国内生産 することにより、愛犬の身体のためにならない添加物は排除しています。粒のサイズもバラバラなため見た目の美しさは損ないますが、愛犬の健康を優先した優しいごはんです。

(4 油脂バランスの最適化 


 食べ物に含まれる油脂は、その種類にかかわらず脂肪酸として分解され、
体内のあらゆる場所へと送られますが、質の悪い脂であっても同じように体内を巡るため、犬の健康トラブルのもとになることがしばしばあります。
 たとえば酸化した脂は、有害なはたらきをするとともに、周りの食材などの酸化を促進し、相乗効果でフードの風味や品質に悪影響を及ぼします。
 そのため、
1-tasteは再生油は不使用 です。
新鮮な油脂、そして特に気を配りたいのが油脂の粘度(粘り気)です。
粘度が高すぎると、脂や血液の流れが悪くなり体調不良の原因にもなります。
油脂は、温度により粘度(粘り気)が変わるため、排出が良くなる融点の低い油脂、つまり体温ほどの温度になった時、
サラサラ しているものを摂取することが理想的です。 
その考えに基づき、粘度の低い植物性の油と動物性の脂では、植物性のほうが理に適っていますが、肉食寄りの犬にとって、それだけでは良い状態を維持できません。
 動物性油脂のなかでも粘度が低いとされる体温が低い動物に注目し、「馬肉」に含まれる脂は体に良いといえます。
恒温動物以外でいえば、体温が海水温の魚、特に青背の魚の脂はより理想的な油脂となります。  ただし、これはあくまで油脂にこだわった話で、他の要素を考えれば、牛肉・鶏肉・豚肉などバランス良く配合したほうが良いでしょう。

当フードは油脂バランスを最適化し、手間暇をかけておつくりしています。




(5 全年齢のフード

 1-tasteは、離乳食のパピーからシニアまで 年齢を問わずに、同じフードを推進しています。
 人も犬も、病気になってから体調を元に戻すのは大変です。
ですから健康な時からクオリティの高い食事をすることが大切で、普段から毎日の食事で、しっかりとバランス良い栄養をとっていただきたいです。
 一般的なドッグフードは、パピー用、成犬用、シニア用といろいろなバリエーションがございますから、ワンちゃんの年齢に合わせて選んでいらっしゃるかもしれません。
年齢を重ねるにつれ、味覚や食欲が変わり、必要なカロリーには変化がございますが、
身体のために必要な栄養素は変わりません。
シニアでも消化機能が変わらないのであればバランスよく、良質な栄養素を摂りいれます。その代わりフード量を調節なさってください。
1-tasteはこの考えを元に設計しているので、
パピーからシニアまで同じ食事で良いと考えています。

(※治療中の場合は、お医者様のご判断を仰いでくださいませ。)